マカサプリで夫婦ともに好調【マカサプリ口コミ】

マカサプリで夫婦そろって好調に

マカサプリで夫婦そろって好調

小さな村の町医者です。30代までは総合病院の勤務医でしたが、故郷の村の唯一の1人の医者になってほしいとの希望でなりました。

 

年寄り中心の日々の診察を繰り返す中で、西洋医学の薬の処方だけでは飽き足りなくなり漢方などの東洋医学の研究も始めました。

 

さらに、国内外の生薬や健康食品の研究もしました。漢方などの生薬は西洋医学と違って長い経験からくるもので、西洋医学の立場からは十分に証明されていません。

 

ただ、患者によっては生薬を処方した方が、ずっと効果的なケースも多いのも事実です。

 

その研究が私の生きがいなっていたのです。

 

老け込む一方だった私たちに朗報が、もう老後ではなく青春という感じです。

 

そんなことをしながら妻と2人で生活していると、2人とも老け込んできます。周りの環境もそうですし、夫婦2人だけの生活では刺激もありません。ところが最近になって私たちの生活が劇的に変わりました。ほんの好奇心から試したマカが私の体質に合ってみたと見えて、驚くほど聞いたのです。

 

月に1度あるかなしかの状態だった妻とのセックスも週に1回になり、週に何回もするときもありました。ほんの一時的な効能かもしれないと思いましたが、数か月飲み続けると、勃起力だけでなく、体全体の調子がよくなって好調が持続します。

 

そこでためしに妻にも飲ませてみたら、同じように体調がよくなり、長年の冷え症が好転しました。

 

妻はまだ排卵がある年齢なので、がんばって子供をもう1人作ろうかなんて言う冗談まで言い合っています。

 

2人とも今が第2の青春という気分で楽しい毎日です。

免疫療法とマカ

 

免疫療法とマカサプリ

71歳男性

 

医師に糖尿病と診断されたのは50代のころでした。血糖値が300まで上がるかなり深刻な症状でした。

 

すでに肝臓は合併症の著効もあり、このままにしておくと命の保証はできないと医者にも言われ、好きなお酒も完全に断ち、食事療法、運動療法にも取り組みました。

 

当時の私はまだまだ働き盛りの年齢ですし、こんなことで死んでたまるかという意気込みで頑張りました。

 

それでも治療は困難を極めました。投薬とインスリン注射は手放せなくなりました。

 

仕事でついつい無理をするたびに血糖値が上昇し、そのたびに入院しなければならなくなりました。

 

女房と2人、鳴きたい気持ちで病院に通っていたのです。

 

64歳になった時、軽い脳梗塞で倒れました。幸い、少し言葉が不自由になった程度でタンインできました。私はこれで決断し、使徒ごと引退することにしました。

 

仕事をやめて、病と付き合いながら生きるしかないと覚悟を決めたのです。

 

長い闘病生活で、西洋医学の医者が処方してくれる薬には限界があることを悟りました。

 

それで、様々な健康法を調べた結果、免疫療法を試しました。腸内環境を整え、血流、抗酸化対応をし、その後免疫療法を対応します。この順番で改善していくのがもっとも自然治癒に近い形で回復できるのだそうです。

 

それを始めて、1年ほどで、脳こうそくの後遺症である言語障害が軽くなってきました。それで試しに血糖値を測ってみると160ほどで、ほぼ正常値に戻っていたのです。

 

感激しました。さらに天然のバイアグラと言われているマカサプリを飲み始め、精力回復まで挑戦しています。

 

基礎健康食品で基本的な腸内環境を整え、血流、抗酸化対応をしているためか、マカサプリを併用するようになってからは、ペニスが少しむずむずするようになってきました。この間は本当に久々の射精がりました。セックスそのものは無理なのですが、希望はあると思います。

 

日々に好調な現在の状態を維持しつつ、いつかは苦労を掛け続けた女房に報いたいと念願しています。